【熱中症対策.com】〜熱中症の分類〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nettyuutaisaku★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは熱中症の分類について、詳しく説明しています。

従来の熱中症の分類としては、下の4つの状態に分けていました。

熱失神』・・・めまいや立ちくらみ、失神するなどの症状がありますが、体温は低い状態で脈拍も除脈を呈します。重症度としてはT度に相当します。

熱痙攣』・・・大量に汗をかいた後に水分だけを補給した場合、塩分やミネラルが不足して低ナトリウム血症を起こしている時に起こることがあります。症状は手足の痙攣とそれに伴った痛みがあります。体温は正常で、重症度はT度に相当します。

熱疲労』・・・大量の発汗後、水分や塩分の補給が不十分な脱水症状の時に起こります。症状は脱力やめまい、頭痛や吐き気、血圧低下や意識障害など様々です。皮膚は冷たいが腸内温度は39度程まで上がっています。重症度はU度に相当します。

熱射病』・・・熱射病にはさらに2つのタイプがあり、労作性のものと古典的なものがあります。労作性のものは体力のある人でも発症するもので、高温多湿の環境下で重労働を続けると起こることがあります。古典的なものは発症までに2〜3日の期間があるもので、真夏の暑さの中で水分が日常的に足りていない場合の高齢者に多く見られます。どちらも緊急に処置が必要な状態で、遅れると命に関わるほど重症です。汗はほとんど出ず皮膚は乾燥している状態で、さらに体温は40度以上まで上昇します。重症度はV度に相当します。

これらは重症度とは少し違い、状態別に分類していたというのが正しいかもしれません。



⇒ 熱中症とは

⇒ 熱中症の重症度

⇒ 原因について

⇒ 症状について

⇒ 熱射病と日射病


sponsored link



【熱中症対策.com】TOP

copyright©2013  【熱中症対策.com】〜熱中症の予防と応急処置〜  All Rights Reserved