【熱中症対策.com】〜応急処置について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nettyuutaisaku★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは熱中症の対策として、応急処置はどうすれば良いか詳しく説明しています。

応急処置には様々な方法がありますが、相手の症状や状態に合わせた処置を取らないと場合によってはかえって症状を悪化させてしまうこともあるので、相手を良く見て判断することが重要となります。

まず第一に熱中症患者は体温が急激に上がっていることがほとんどです。体温を下げるためには涼しい場所へ移動させることが必要ですし、それが不可能な場合であれば衣服を緩めてうちわなどで扇いであげるのが良いでしょう。水を浴びせるのも良いですが、いきなり大量にかけると負荷が大きいので逆効果の場合もあります。霧吹き等で少しかける程度が好ましいでしょう。アイスノンや濡れタオルなどで首や腋の下、股といった動脈付近を冷やすのも効果的です。

そして水分と塩分の補給です。ここで注意しなければいけないのが、水分ばかりを与えることはNGです。同時に塩分も与えなければ低ナトリウム血症を起こしてしまうことがあります。薄めの食塩水(濃度1%程度)やスポーツドリンクを飲ませるようにして下さい。

また顔が青ざめていて顔色が悪い場合は、血圧が低下している可能性があるので、横に寝かせる時に足を少し高い位置にしてあげましょう。

最後に、救急車の手配です。救急車が到着したら、救急隊の方へ現在の状況やそれに至るまでの経緯、行った処置等を伝えることも重要なポイントとなります。落ち着いて正確に伝えるよう心掛けて下さい。


⇒ 予防について

⇒ 注意すること


sponsored link



【熱中症対策.com】TOP

copyright©2013  【熱中症対策.com】〜熱中症の予防と応急処置〜  All Rights Reserved