【熱中症対策.com】〜予防について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
nettyuutaisaku★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは熱中症の予防について、詳しく説明しています。

熱中症は重症化すると、命に関わることもある危険な状態となります。しかし熱中症は未然に防ぐことは出来るので、熱中症になってしまう前にしっかりと予防しておくことが重要です。熱中症を予防する3つのポイントをまとめてみました。

まず1つ目が「暑さを避ける」ことです。熱中症の原因の大半が暑さによるものですので、真夏の猛暑日などは長時間外に出ることを出来るだけ避けて、エアコンや扇風機が効いている室内を選択するようにしましょう。室内に居る場合でも蒸し風呂のような環境ではもちろん危険です。温度だけでなく湿度にも注意して空調を調節しましょう。社会生活においてこれらが難しい場合もあるかもしれませんが、熱中症対策としては出来る限り空調が適切な場所で居ることが好ましいです。
また、服装などにも気を付けて下さい。日焼け防止やダイエットなどが目的で着込むのは分かりますが、汗を吸収してくれる吸水性の高いものや通気性の高いシャツなどを着て、自身の体温調節を助けるようない服を着るよう心掛けましょう。

そして2つ目が「こまめな水分&塩分補給」をすることです。水分や塩分が足りないと熱中症になりやすくなってしまうので、水分だけでなく塩分も同時に補給するようにしましょう。スポーツドリンクなどが適切です。注意しなければならない点として、アルコール類での水分補給は絶対に避けて下さい。ビールや酒では水分補給とはならず、かえって逆効果となる危険性があります。

そして最後に「自分や周りの方への配慮」をすることです。自身の体調で少しでもおかしいと感じたら、日陰や空調の効いた室内で休憩を取るようにしたり、病院で診てもらうなどして自分の体は自分で守りましょう。また、自分だけでなく周りの方への配慮も忘れないで下さい。周りに辛そうにしている人や顔色が悪い人が居たら、気を配るようにしましょう。特にスポーツや仕事の場では、無理をしてしまう人が少なくないのが現状で、気付けば手遅れなんてこともあるかもしれません。周囲の方への気遣いが、熱中症を予防することに繋がるのです。


⇒ 応急処置について

⇒ 注意すること


sponsored link



【熱中症対策.com】TOP

copyright©2013  【熱中症対策.com】〜熱中症の予防と応急処置〜  All Rights Reserved